新型コロナウイルス感染癥の予防と相談?受診について

日常生活で気を付けること 

風邪やインフルエンザの予防と同様に、まずは手洗いが大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。

 咳などの癥狀がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で觸ったものにウイルスが付著し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。

 持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。

 一般的な感染癥対策について(PDF:729KB)  英語版(PDF:464KB)

手洗いについて(PDF:666KB) 英語版(PDF:981KB)

咳エチケットについて(PDF:691KB) 英語版(PDF:1.0MB)

 

相談?受診について

 相談?受診の前に心がけていただきたいこと

?発熱等の風邪癥狀が見られるときは、學校や會社を休み外出を控える。

?発熱等の風邪癥狀が見られたら、毎日、體溫を測定して記録しておく。

 

帰國者?接觸者相談センターにご相談いただく目安

次の癥狀がある方は「帰國者?接觸者相談センター」にご相談ください。

?風邪の癥狀や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

?強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の狀態が2日程度続く場合

ご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰國者?接觸者外來」をご紹介しています。マスクを著用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。
なお、現時點では新型コロナウイルス感染癥以外の病気の方が圧倒的に多い狀況であり、 インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ醫等にご相談ください。

(妊婦の方へ)
妊婦の方については、念のため、重癥化しやすい方と同様に、早めに帰國者?接觸者相談センターに御相談ください。

(お子さまがいる方へ)
小児については、現時點で重癥化しやすいとの報告はなく、新型コロナウイルス感染癥については、目安どおりの対応をお願いします。

相談?受診の目安(PDF:119KB)

相談窓口

丹波健康福祉事務所相談窓口

電話番號  0795-73-3765 (受付時間:平日9時00分~17時30分)

兵庫県 24時間対応コールセンター(相談窓口)

電話番號 078-362-9980

 

醫療機関にかかるときのお願い

?帰國者?接觸者相談センターから受診を勧められた醫療機関を受診してください。複數の醫療機関を受診することはお控えください。

?市內の醫療機関を受診する場合、丹波篠山市醫師會から市民の皆様へのお願いがあります。詳細は下記をご覧ください。

 丹波篠山市醫師會から市民の皆様へのお願い(PDF:1.2MB)  

?醫療機関を受診する際にはマスクを著用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

 

関連資料

新型コロナウイルスを防ぐには(PDF:160KB)

 

 

このページの先頭へ戻る

免费人成在线播放视频